スポンサーサイト

[スポンサー広告]

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | コメント(-) | トラックバック(-)

延々と聴いていられる

[Jazz]

2006/10/29(日) 23:00:44



radioioJazz
128 kbps / 64 kbps / 32 kbps
Independent, original, digital Jazz
radioioJazz

ゴリゴリしたものも多少ありますが、DI.fm Modern Jazz と比べると、だいぶ耳と心に優しいです。有名どころの古い作品よりも、あんまり聴いたことないものがいっぱいかかるので、これまたうれしい限り。

夜のネット徘徊や読書のバックで抑え気味に流れていると、かなり溶け込んでいくし、かといって甘ったるくないのが好感度高いです。

ここは個人的には注目度の高い局です。
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

それは退屈で怠惰な時間なのでしょうか?

[Ambient]

2006/10/11(水) 21:27:58



DI.fm Lounge
96 kbps / 24 kbps
Sit back and enjoy the lounge grooves!  www.di.fm
DI.fm Lounge


ずっと低い音量で流してみます。空気のようなサウンドは、コンクリート打ちっぱなしの、クールでおしゃれな薄暗いバーなんかで似合いそうです。

ずいぶんと前によく行っていた、麻布十番のはずれにあった店を思い出します。店名は忘れてしまったけれど、強めなあまり甘くないカクテルを飲みながら、小声で他愛ない話をしたりして過ごしていました。

BGMにはゆったりとしたJazzがかかっていたように記憶しているのですが、いまであればこの局で流れるようなサウンドも妙にハマりそうに感じます。

ラウンジという音楽のジャンルは、いかにも都会的でやや冷たい、よく言えばクールな音楽といえるのかも知れませんが、本を読んだり、当然アルコールの供にはうってつけの夜に聴く音楽であるようです。

これらの音楽が癒される音といえるかどうかはわかりませんが、なにやら得体の知れない格好良さを感じます。曲がどうだとか、アーティストが誰だとか、そんなことすら超えてしまう何かがあるのではないでしょうか? 後で同じカテゴリの中の他の局もチェックしてみるつもりです。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

フィーバーフィーバー

[70s/80s Pop]

2006/10/09(月) 00:01:16



radioioDisco
128 kbps / 64 kbps / 32 kbps
Saturday nights are alive again with disco.
radioioDisco


土曜の夜はディスコでフィーバー。

週休2日ではなかったのです、当時は(笑)。

クラブっていうとキレイなオネーサンがお酒の相手をしてくれるお店だと、今でも素で信じている世代のオジサンや、今や子育てに一生懸命になっているお母さんにも青春時代はあったわけで、当時踊るところはクラブではなくてディスコという名称だったのですね。

東京では新宿や六本木周辺、渋谷、それに横浜なんかにもディスコはいっぱいありました。ブームのピークはいくつかあったのですけれど、ディスコと呼ばれた最後の頃がジュリアナ東京でしょうかね、あそこは時代がズレてるので行ってないですけれど。

本家アメリカでもディスコブームはありましたが、当時それを追いかけた日本もあまり時代のズレはないのでしょうね、こんなラジオ局が成立してしまうわけです。音楽は数十年周期でリバイバルがおこりますから、状況によっては古くさいとか言っていたものが最先端の元になるかも知れません。

とりあえず大音量でガンガン行きましょう。鼻が丸っこかったころのマイケルジャクソンをはじめとして、黒人系、白人系関係なくノンストップで飛ばしまくるゴキゲンな局です。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

範囲が広いけれど耳に馴染む

[International]

2006/10/08(日) 10:19:52



Pop Goes Asia
64 kbps
A musical tour of Asia's pop culture, from power pop to lounge; techno to light rock; punk to R&B
Pop Goes Asia


J-Pop、K-Popだけでなくとにかくいろんな曲がかかります。ずっと流しながら関係ないWebを見たり、なにか飲んだり食べたりしていると、すんなりと耳に馴染んできます。

言語も国も違うわけですが、それにしてはすべてが不思議とつながっているように感じます。おそらく、アジアの国民性って根底に共通するものがあるのだろうと思います。

音楽の市場を考えても、ある程度は重なる部分もあるでしょうし、作成する側の狙うテイストも近いものがあるのかも知れません。

さっきは宇多田ヒカルやDo As Infinity、韓国のS.E.S.なんかがかかっていました。その他の国の方々は知識がないのでわかりませんが、日本語、英語、中国語、韓国語、東南アジアの言語と、無国籍料理のごとくきらびやかでにぎやかな曲が沢山かかる局です。

J-Popやアジアの音楽好きな方には良いのではないかと思います。iTunesのラジオでゼヒ。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

動的な時間

[International]

2006/10/08(日) 01:34:34



African Music Radio
128 kbps / 56 kbps
This is an Online african Music Station which plays and promotes African Music and Musicians.
amr : african music radio


陽気なリズムとメロディが延々と繰り返され、コーラスワークはなんともいえないコールアンドレスポンスがたまらないです。

さすがにアフリカの言語に対する知識が全くありませんので、何を歌ったり語ったりしているのかわかりませんが、淡々と流れる時間と空間は、熱いアフリカの風を運んでくるような気がします。

何曲か聴いた限りは、音としては意外とモダンな感じのものが多くて、泥臭さはなくて「洗練されたお祭り音楽」っていう雰囲気でひたすら楽しいです。ずっと流していると思うのは、レゲエなんかもそうですが、人間はシンプルな繰り返しに弱いのだなということ。

とにかく、しばらくはリズムの洪水に飲み込まれてみようと思います。ゴボゴボ~~~~

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

インディーズって幅広い

[Alternative]

2006/10/07(土) 23:03:41



Indie 103.1
96 kbps
Indie 103.1


最初に聴いたときにはニューオーダーとかボブマーリーとかがかかっていて、焦点がはっきりしないのかと思いましたが、新旧取り混ぜてやや打ち込みとかを多用したロックなんかが多い局のようです。

昔、MTVが日本でも見られるようになり始めた頃、ここでかかるようなやや影のあるサウンドのプロモーションビデオは、とても人気があったように思います。 インディーズっていうと明確なジャンル分けできるものではないように思いますが、ここでかかる曲の多くは、新鮮でありながら懐かしいように感じます。

ここについては、詳しい人がいらっしゃったら教えてください。あ、今ニューウェーブとか言いながら、デビッドボウイのチャイナガールまでかかってるよ(笑)、リクエストに答えてたみたいだけど。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

ハードボイルド

[Jazz]

2006/10/07(土) 22:39:51



DI.fm Modern Jazz
96 kbps / 56 kbps
The likes of Coltrane, Ornette Coleman, Eric Dolphy, Charles Mingus and many others
DI.fm : Modern Jazz playlist


硬くて抽象的なFree寄りの作品から、Miles DavisやBill Evansの1950年代後半から1960年代の作品がかかる、Jazzファンであればはずせない局でしょう。

時々ツライのもかかりますが、買うのに勇気が必要な作品のピックアップも多いので、深くハマリたい人にとっても、購入ガイドとして有用なのではないかと思います。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

第二部開始

[メモ/おしらせ]

2006/10/07(土) 20:14:10

さて、みなさんはiPodは使っていますか? iPodに関する専門的なサイトは山のようにありますし、書籍や雑誌での特集もありますから情報は十分にかき集められるのではないかと思います。

iPodといえば忘れていけないのがiTunesの存在です。AppleのサイトでもわざわざカテゴリはiPod+iTunesなんてなっています。iTunesがなくてはなにも始まらなかったのですね。


それではネットラジオはどうでしょうか? 最初のiPodの発売前、Mac版しかなかった当時のiTunesでは、既にネットラジオの機能が使えました。ブロードバンドの環境であれば、普通にラジオのスイッチを入れた時と同じように音楽が流れてきます。それもなかなか聴けないようなジャンルのものまで、比較的クリアな音質で聴くことができます。そしてうれしいことに無料です。

使わないのはもったいないですよね? いろんなカテゴリ、自分の聴いたことがなかった曲、曲名が知りたかった曲に偶然出会える可能性もあります。でも、全部英語で書いてあって、局も沢山ありすぎてよくわかりません。

それならワタクシamazingが、かたっぱしから聴いていこうじゃありませんか。得意不得意もありますが、できる限り幅広く攻めてみようと思います。一緒に楽しい音楽を探す旅に出ましょう。

iTunesはインストールされていますか? 用意ができた方から、シートベルトの装着をお願いしますね。


iTunes Tutorial > インターネットラジオを聴く
(アップル)

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

第二部はまもなく開始

[メモ/おしらせ]

2006/10/07(土) 19:43:01

素敵なBlogやWebページを紹介させていただいておりました当Blog、しばらく休眠・充電させていただいておりましたが、第一部終了ということで、新しいコンテンツを中心に運営させていただくことにしました。

何にするかって?

もう少しだけお待ちください。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。