スポンサーサイト

[スポンサー広告]

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | コメント(-) | トラックバック(-)

アメリカンポップス聴くなら

[70s/80s Pop]

2007/02/18(日) 13:35:44



Ghetto Radio Network
128 kbpss / 64 kbps / 24 kbps
Playing the best Rock, Pop and 80s
Ghetto Radio Network


「Ghetto」なんて言葉がついているから、よっぽど「黒いの」がかかるのかと思ったのですが、クリックして流れてきた最初がブルース・スプリングスティーンの大ヒット曲「Born In The U.S.A.」、そんで次がシンディ・ローパー「Girls Just Want To Have Fun」・・・あらら、これは相当にベタですかな・・・

ま、ちょこっと聴く限りは、ともかくアメリカのポップスもの、アメリカの白人に受けそうなものの割合が多いのかもしれません。黒人向けの局ではないことだけはあきらかなようです。

ところで、この局のWebサイトのDJ紹介のコーナーのオネーサンの、ヘッドホンで挟んだ巨乳がすごいことになっています(笑)、見られるうちにチェックしておきましょう。

本題から離れてしまってすいません。

#この局はAlt/Modern Rockにも重複登録してあります。
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

なぜかいいコンディション

[70s/80s Pop]

2007/01/29(月) 00:51:24



Zone 80
192 kbps / 24 kbps
A French perspective on the music of the 80's
Zone80 - La Radio Classic Hits -


この局のWebサイトの国ドメインは「.be」。どこだろうと思って調べてみると、ベルギーだということがわかりました。流れる曲は80年代のポップナンバー中心で、米国のものに偏ったりはしてないみたいですが、フランス語の歌はちょっと聴いた限りでは出てきませんでした。日本で洋楽を聴くっていうと、その多くが英語圏のものになるのですが、そういう状況は一緒なのかもしれませんね。

それにしても、192kbpsでは音質がさすがにクリアー、そしてどういうわけかコンディションが良くて、バッファ待ちになったりしません。ウチと太いコードで直結しているのでしょうか(笑)。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

年齢層高め(笑)

[70s/80s Pop]

2007/01/29(月) 00:37:49



2NG - Two Nations Gold
64 kbps / 24 kbps
Plays the best oldies from the Sixties to the Eighties from the American and British charts. WHEN MUSIC MATTERED.
2NG Radio


同じカテゴリのポップ系の局は運営者の趣味によって、70年代強め、80年代強めってのがあるようですが、明らかにここは前者で70年代の、それも前半のものが多いようです。お気楽な感じが心地よくて、「そのときポータブルラジオからは音楽が流れていた・・・」っていう聴き方に向きそうです。

10ccとかドナ・サマーとか、年寄り(笑)は速攻でうれし涙・・・

快適に聞ける環境でも24kbpsにして、音質をわざと落としてみると「あの頃」の雰囲気が出るかもしれません。50s/60s Popのカテゴリにも重複登録してありますね、要介護。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

フィーバーフィーバー

[70s/80s Pop]

2006/10/09(月) 00:01:16



radioioDisco
128 kbps / 64 kbps / 32 kbps
Saturday nights are alive again with disco.
radioioDisco


土曜の夜はディスコでフィーバー。

週休2日ではなかったのです、当時は(笑)。

クラブっていうとキレイなオネーサンがお酒の相手をしてくれるお店だと、今でも素で信じている世代のオジサンや、今や子育てに一生懸命になっているお母さんにも青春時代はあったわけで、当時踊るところはクラブではなくてディスコという名称だったのですね。

東京では新宿や六本木周辺、渋谷、それに横浜なんかにもディスコはいっぱいありました。ブームのピークはいくつかあったのですけれど、ディスコと呼ばれた最後の頃がジュリアナ東京でしょうかね、あそこは時代がズレてるので行ってないですけれど。

本家アメリカでもディスコブームはありましたが、当時それを追いかけた日本もあまり時代のズレはないのでしょうね、こんなラジオ局が成立してしまうわけです。音楽は数十年周期でリバイバルがおこりますから、状況によっては古くさいとか言っていたものが最先端の元になるかも知れません。

とりあえず大音量でガンガン行きましょう。鼻が丸っこかったころのマイケルジャクソンをはじめとして、黒人系、白人系関係なくノンストップで飛ばしまくるゴキゲンな局です。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。